海外進出のための現地視察・調査

海外進出を決める前段階としての市場調査および現地視察の必要性

海外進出を真っ暗な洞窟に例えるのであれば、現地調査は「ライトと地図」、M&Aはその洞窟を進む手助けをしてくれる「ガイド」のようなものと言えるかと思います。ライトと地図無しで「正しい道=海外進出の成功」を歩むことは出来ませんし、「洞窟に潜む敵=リスク」を最小化してくれるのがガイドの役目です。いくつもの障壁が立ちはだかる海外進出において、的確な道具とリソースを揃えることが成功の鍵を握ります。
具体的には、そもそも進出した場合に市場はあるのか、どのような展開をすべきか等を各地の産業構造などのマクロ的な視点と、潜在的顧客や競合企業などのミクロ的な視点での調査により、現地でのリアルな情報を踏まえた海外進出戦略を練る必要があります。

4つの観点で、勝てる戦略のための市場の可視化

M&Aの実行に入る前の現地調査フェーズからの支援サービスについて、アイビージェイでは4つの観点でお客様の海外市場の可視化をお手伝いします。 海外市場においては、「消費者」、「企業」、「産業」、「規制」の4つの観点での調査が大変重要です。アイビージェイは、消費財や生産財、中間材やサービスを問わず、お客様の調査ニーズを力強く満たします。

※概要レベルの外資規制等の法規制に関する内容も含まれますが、最終的には弁護士等専門家にご相談いただけるよう、予めご了承ください。

徹底した「エリアフォーカス」と「現地・現場主義」

アイビージェイの海外市場調査は、市場の本当の姿を可視化するリアルな市場実態調査サービスです。東南アジアにおいては、現地で地道に積み上げる生の声など、リアルなデータを基礎とした市場調査が重要です。
アイビージェイでは、新興各国各都市で構築した300を超える独自の協力調査会社ネットワークで、エリアフォーカスを徹底した調査サービスを提供しています。

PAGE TOP