業務内容(M&Aプロセス)

業務内容(M&Aプロセス)

M&Aアドバイザリーに関わる一連の業務(オリジネーション~成立まで)を担当して頂きます。社内だけではなく、現地パートナー企業やクライアントである買手(日本)企業のオーナー・担当者など、様々な人たちとコミュニケーションを取りながら案件を成功へと導いてください。

オリジネーション
1)現地パートナー企業の発掘入手困難な現地の優良売却案件を獲得する為、現地のパートナー企業の発掘、関係性を構築します。2)案件の選別・絞り込みパートナー企業から、『Teaser』と呼ばれる売却案件情報を獲得後、対象企業の事業内容・特徴(強み)・財務内容を確認し、案件にするか否かの判断をします。
プロジェクト開始
3)日本企業へ提案資料の作成対象企業の事業や財務状況等、日本(買手)企業向けの詳細情報を記載した資料を作成します。4)買手企業へアプローチ開始DMの発送後、案件提案をする為のアポイントを取得すべく、アプローチコールをします。5)ファイナンシャルアドバイザリー(FA)契約の締結買手候補企業から「買収検討の意向」を書面で取得後、FA契約を締結します。
エグゼキューション
6)トップミーティングの実施売手・買手企業のオーナー同士の会談し相互理解・信頼を作るステップです。7)買収する為の監査対応基本合意が締結されたら、買手企業による売手企業の「買収監査」が行われます。8)契約交渉・最終合意監査後、株式譲渡契約書の作成を行います。売手・買手企業の最終条件交渉の末、ようやく最終合意締結となります。
クロージング
M&A成立

社員一日のスケジュール例

投資銀行本部 M&Aアドバイザー(新卒入社 4年目)
シンガポール出張の1日
9:30
■現地パートナー企業と打合せ
プロジェクトの打合せ、信頼関係構築に努める
12:00
■ランチタイム
トップ面談の予習を行いながら、軽めのランチ
13:00
■トップ面談対応
売手側・買手側企業の面談対応
16:00
■視察
クライアントと共に、現地企業の視察
19:00
■面談後の振返り・報告
トップ面談のフィードバックを確認、社内に報告。
終わり次第、空港へ
22:30
■シンガポール出発(日本へ)
フライトまで食事を済ませ、期限が迫っている資料
作成を行う

投資銀行本部 M&Aアシスタント(入社 1年目)
東京オフィスでの1日
8:30
■M&A会議
毎週水曜日定例の会議に参加
10:00
■M&A提案資料の作成
先輩に相談しながら、プロジェクト資料を作成
9:30
■現地パートナー企業と打合せ
プロジェクトの打合せ、信頼関係構築に努める
12:00
■ランチタイム
同僚と一緒にランチに行くことが多い
13:00
■アプローチコール
M&A売買候補企業への営業電話
14:00
■クライアント訪問
買手候補企業へ、プレゼンを行うための訪問
17:30
■M&A資料作成(つづき)
午前中に行っていた作業の続き
19:30
■退社
翌日のスケジュール確認、準備を終えたら、退社

PAGE TOP