日本企業におけるオセアニア進出の魅力

日本企業におけるオセアニア進出の魅力

オセアニアは、オーストラリア、ニュージーランドをはじめ、メラネシア、ミクロネシアを含む地域となります。その中でも経済の中心となるオーストラリア及びニュージーランドは先進国の中で経済成長率が約3%と高く、経済が安定しているため格付けはオーストラリアがAAA、ニュージーランドはAAを取得しています。
 オーストラリアは、鉄鉱石や石炭などの豊富な資源に支えられた鉱業だけでなく、金融業や観光業をはじめとしたサービス業などの内需の割合も高くバランスの取れた経済構造となっております。ニュージーランドは牧畜、観光、木材の輸出等に支えられた経済となっております。また、両国は移民を多く受け入れているため、人口増加の後押しとなっており、内需の拡大に寄与しております。
 安定的かつ人口増加による継続的な経済成長が見込まれ、英語でのビジネスが遂行できるオセアニア市場は日本企業にとって進出の魅力が十分にあると思料いたします。

日本企業におけるオセアニア進出の魅力

継続的で安定的な経済成長
オーストラリア及びニュージーランドは先進国としては比較的高い経済成長率が見込まれています。これには、移民の受け入れによる継続的な人口増加が寄与しております。

サービス業の拡大
オセアニア地域はオーストラリアの鉄鉱石や石炭をはじめとした資源国のイメージが強いですが、近年は、不動産、金融、飲食をはじめとしたサービス業が拡大しており、日本企業にとっても進出の魅力が高まっていると言えます。

英語でのビジネス遂行ができる環境
オセアニア地域は、英語が公用語であり大学の学力レベルが世界的に見ても高いため英語で高いレベルでビジネスを遂行することにより、日本企業にとっては進出の成功率は高くなっています。

PAGE TOP