案件選別基準

当社独自の優良企業選定基準

AIBJでは、300以上の海外パートナーから相談を受ける売却案件の情報の中から、日本企業に紹介することができる「優良な」案件だけに厳選して、日本企業にご紹介しております。

案件選別基準は下記の3段階で行われています。

1. 案件の信頼性

1、案件の持ち込み先がAIBJの信頼できる認定パートナー先であり、
2、1社しか間に入っていない直接持ち込み先の案件であること、
3、日本企業に紹介するための案件の様々な情報を獲得できること、
4、AIBJが現地で直接売り手企業の経営者(またはオーナー)と会い、その売却意思を直接確認することができること、
5、案件のExclusivityが確保されている(つまり当案件を独占的に扱えること)
の5条件を全て満たしていることが大前提です。

2. 対象企業の業績

日本企業が海外買収により外国企業を買収するに当たり、やはり対象企業が現在も単独で利益を上げていること(スタンドアローン)が重視されます。
したがって、AIBJは原則下記条件を満たした企業のみを取り扱っています。

  • 安定的にEBITDAおよび営業利益が利益を計上している(黒字企業)
  • 安定的に黒字を計上することができる、ビジネスの強み・特徴・経営資源を持っている

3.売却希望価格の妥当性

どんなに良い会社でも、その希望売却価格が著しく当社の相場観よりも高ければ売却は困難です。
したがって、当社が案件として扱う時には、その希望売却価格はAIBJが売却可能と考える価格と等しいか、等しくなるようオーナーを説得できている必要があります。

PAGE TOP