今後のビジネス展開

今後のビジネス展開

当社は、シンガポール、ジャカルタ、バンコク、香港に拠点を構えることで、新興国企業とのクロスボーダーM&Aで壁となる障害をクリアし、現地の情報をリアルタイムに収集し、ビジネス文化や慣習、経済ステージの異なる相手先企業に関する様々な情報を、貴社が判断可能な信憑性の高い情報として取得することで、より確実なクロスボーダーM&Aを実現させています。
国連貿易開発会議(UNCTAD)は2017年6月7日、2016年の世界の海外M&A(合併・買収)の総額は8686億ドル(約95兆円)と前年比18%増えたと発表しました。多国籍企業によるM&A(合併・買収)が加速。世界的な金融緩和で資金調達が容易になったことなどを追い風に、買収によるシェア拡大を目指す企業が増えリーマンショック後最高になったとのことです。(日本経済新聞)
AIBJは、現在のASEAN地域から、 オーストラリアを含むオセアニア地域及びヨーロッパ地域へももネットワークを広げ、多くのクロスボーダーM&Aのご要望に対応して参ります。

オセアニア地域への進出

オセアニアは、オーストラリア、ニュージーランドをはじめ、メラネシア、ミクロネシアを含む地域となります。その中でも経済の中心となるオーストラリア及びニュージーランドは先進国の中で経済成長率が約3%と高く、経済が安定しているため格付けはオーストラリアがAAA、ニュージーランドはAAを取得しています。
 安定的かつ人口増加による継続的な経済成長が見込まれ、英語でのビジネスが遂行できるオセアニア市場は日本企業にとって進出の魅力が十分にあると思料いたします。
弊社は貴社のオセアニア地域、特にオーストラリアへの進出を強力に支援いたします。

ヨーロッパ地域への進出

ヨーロッパ進出の魅力としては、EU市場の規模の拡大があげられます。EUは加盟国が 2007 年からルーマニア、ブルガリアを加え 27 ヶ国となりました 。EUエリア内の人口は、約5億人とアメリカの人口を上回り、約13 兆ドルの GDP を有する巨大市場(経済圏)となっております。特に中・東欧諸国が年4~5%という高い成長率を維持し続けていることや、そこに比較的高い能力を有した、低い賃金水準の豊富な労働力が存在していることも魅力です。
 ヨーロッパ市場の存在は、日本企業のグローバル戦略の中で、ロシアの市場への足掛かりになるという期待もあります。日本企業は、グローバルなビジネス展開の中で、ロシアをも含めたヨーロッパ市場において、その割合を今後も拡大させ続けることが重要だと考えています。
弊社は貴社のヨーロッパ地域、特にオランダ・ベルギーへの進出を強力に支援いたします。

PAGE TOP